2021年6月21日

DMTCの3つの教育ポリシー

DMCTでは、ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー、アドミッション・ポリシーの3つの教育ポリシーを設定し、教育を行う。

 

1. ディプロマ・ポリシー

修了認定・修了後のフォローアップの方針:DMTCの教育理念に基づき,どのような力を身に付けた者に修了を認定し、修了証を授与するのかを定める基本的な方針であり、受講者の学修成果の目標ともなるもの。

1.1 随所で活動の中心となるリーダーとエキスパートを養成
正解のない中で、様々な状況に対して、多くの意見を整理しまとめ、解決に向けて議論を主導し、答えを導き、組織を引っ張っていく。

1.2 修了後の継続的な学習
リーダーやエキスパートとして、新たな課題や法改正など常に学習し続けること。

1.3 修了証明書の発行による証明
リーダーやエキスパートとしての活動を確保する上で、各コースの修了証を付与する。履修証明プログラムの修了者については、履修証明書を付与する。

 

2. カリキュラム・ポリシー

教育課程編成・実施の方針 :ディプロマ・ポリシーの達成のために、どのような教育課程を編成し、どのような教育内容・方法を実施し、学修成果をどのように評価するのかを定める基本的な方針。

2.1 学びの場を提供
様々な立場の受講者が同時に学び、相互に学び合い、成長する場とする。

2.2 災害・対策に必要な知識と武器の提供
災害対策に必要な知識、技能、思考力、表現力、フレームワーク、パッケージ化などの武器となりえるものを提供し、磨き続けるような教育課程を編成する。

2.3 段階的な教育による体系的・重層的な人材養成
段階的にレベルアップし災害対策の知識、技術を身に付けていく教育内容とする。基礎知識(Awareness )、基本動作(Performance & Operation )、計画立案(Tactic, Planning&Management)の学習をバランスよく、効果的に提供する。

 

3. アドミッション・ポリシー

入学者受入れの方針 :DMTCの教育理念、ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポ リシーに基づく教育内容等を踏まえ、どのように入学者を受け入れるかを定める基本的な方針。

3.1 短期的なHow toを求めない
今後の社会の様々な社会課題に対して、全体像を俯瞰し、課題を背景を理解し、課題を捕らえ解決しようとすること。 短期的に直ぐに役立つものは直ぐに使えなくなる。

3.2 学力の3要素を学ぶ姿勢を持つこと
(1) 知識・技能、(2) 思考力・判断力・表現力等の能力、 (3) 主体性を持って多様な人々と協働して学びあう態度を持つこと。経験豊富な方であっても様々な受講者と学びあうことで、既存の考え方を広げたり、深めたりさらに成長することを心がけること。災害対策を初めて学ぶ受講者は、多くのことを学び、基礎知識を身に着けることを心がける。