【参加者募集】米国の災害対策トレーニングを学ぶ研修会

DMTC Workshop
米国の災害対策トレーニングを学ぶ研修会
The USA system of Disaster Management Training

研修会の趣旨 我が国では、災害対応の“型(かた)”がないために、行政と民間企業とも災害対応に関する基本概念、用語、システム、機材、情報システムなど、多くがバラバラであり、チグハグで非効率な災害対応や危機対応となることが多いです。
 米国では、FEMA(米国危機管理庁)を中心として、ハザード別に7つの大学等によりコンソーシアム(NDPC, National Domestic Preparedness Consortium)が形成され、定期的にトレーニングプログラムをアップデートする仕組みが機能しています。結果的にICS (Incident Command System)等もトレーニングを通じて普及し、実際の災害対応でも共通概念の基で、各災害対応従事者が連携した対応が実現できる環境が整備されています。
 本ワークショップでは、DMTCの本格始動に向けて、米国の災害対策の“仕組み”を学ぶことで、トレーニングを通じて、どのように災害対応の標準化を進めるのか、どのように実効性のある防災計画やBCPを策定するのかを思考したいと思います。米国から講師として、DMTCと連携関係を締結しているハワイ大学NDPTCのRussell先生にお願いいたしました。
日程 2019年5月17日(金)と18日(土)
場所 東京大学生産技術研究所S棟プレゼンテーションルーム
対象者 行政職員、民間企業の防災・危機管理担当者、防災教育に興味のある方
参加費 20,000円 ※意見交換会(5月18日に実施)に参加される方は、別途3,000円
5月17日(金) 9:00 – 9:30 開会・導入 目黒 公郎(東京大学教授)・沼田 宗純(東京大学准教授)
9:30 – 10:30 我が国の災害対策 伊藤 哲朗(東京大学客員教授、元内閣危機管理監)
10:30 – 12:00 Introduction to the institutional framework for disaster management training. Russell Uyeno(ハワイ大学教授)
13:00 – 17:00 Overview of the organizational structure of NDPTC as a FEMA training center/ Details of the training course development process.
Russell Uyeno(同)
5月18日(土) 9:30 – 10:30 我が国のICSに関する取り組み事例 後藤 真太郎(立正大学教授)
10:30 – 12:00 Details of training course delivery process (1). Russell Uyeno(同)
13:00 – 16:30 Details of training course delivery process (2). Russell Uyeno(同)
16:30 – 17:00 まとめ・閉会
17:00 – 18:30 意見交換会 ※参加希望者は、3,000円

主催・協力等 主催:東京大学大学院情報学環総合防災情報研究センター/ 生産技術研究所都市基盤安全工学国際研究センター
   災害対策トレーニングセンター
協力:RC95研究会の会員企業
   NDPTC: National Disaster Preparedness Training Center at the University of Hawai’i
参加をご希望の方は Step 1: 以下のフォームでお申し込み
Step 2: お支払い口座情報をメールで受信
Step 3: 参加費を入金
Step 4: 領収書をメールで受信

※以下の画像をクリックするとPDFファイルが開きます

【参加申し込み】

お名前 (必須)

所属 (必須)

メールアドレス (必須)

意見交換会に参加しますか?

5月18日の18時開始@東京大学生産技術研究所 ※意見交換会の参加費は3000円です。事前にお振込みをお願いいたします。振込口座は別途ご連絡いたします。立食形式の軽食です。

参加します参加しません

本研修会をどのように知りましたか?

現在どのような防災活動・研究を実施していますか?