2019年9月14日

Numa lab.

ようこそ沼田研究室へ

~沼田研究室を希望の学生へ~

東京大学工学部社会基盤学専攻の大学4年生、修士課程の学生、情報学環の先端表現情報学コースの学生を受け入れています。
学生の皆さんのアイデアを防災研究と災害対策の発展の貢献のために、活かしませんか。皆さんからのご応募をお待ちしています。

研究室見学などいつでも歓迎しています。

主な研究テーマ

沼田研究室では災害対策に関する幅広い研究を行っています。
・災害マネジメント
・災害対応のシミュレーション
・避難保険
・行政の災害対応
・危機管理の組織論
・リスクコミュニケーション
・人口減少時代の災害対策のあり方
・東京の地下鉄の地震観測による耐震補強戦略
・音声認識による災害対策本部のコミュニケーションの改善
・個別要素法(Discrete Element Method)による土砂崩壊解析
・粒子法(Material Point Method)による地盤の大変形解析
・災害対応工程管理システムBOSSの開発
・マイナンバーを使った避難所情報管理システム
・意思決定プロセスの解明
・マスコミ報道
・防災教育手法の開発
・ドローンによる状況把握と意思決定に関する研究
・ハワイ大学との交流、インドネシア、バングラディッシュ、インドなど国際的な研究
などなど。

現場で観測したい、実験をしたい、振動台を使って地震動に関することを研究したい、数値解析によりシミュレーション技術を開発したい、戦略論を研究したいなど、幅広いアプローチによる研究ができます。

卒業生は、大学の教員、通信インフラ大手、外資系の金融、報道機関など多様です。

研究室メンバー

沼田宗純、准教授・博士(工学)
Chaitanya Krishna、特任助教・博士(工学)
大川純世、学術支援職員
鈴木 南奈、事務補佐員
黒畑寿来、M2(フランス留学中)
長田啓史、M2
俞方舟、M1
山本奏音、M1
永作 俊、M1
谷口幸弥、M1
稲田一心、香港大学
Mehrrdad Sadeghzadeh、元ポスドク、現在は東工大
小山ゆりえ、修士課程 卒業生
Shakhawat Hossain、修士課程 卒業生
加藤孝典、修士課程 卒業生

アクセス

Tel: +81-3-5452-6445
Fax: +81-3-5452-6438
E-mail: numa at iis.u-tokyo.ac.jp
※at: @
Details
東京大学生産技術研究所 Be504
〒153-8505 東京都目黒区駒場4-6-1
東京大学生産技術研究所 Be504
Tel: 03-5452-6445
Fax: 03-5452-6438
Details
Be504, Institute of Industrial Science, the University of Tokyo
4-6-1 Komaba, Meguro-ku, Tokyo, 153-8505

研究論文

原著論文/学術雑誌論文リスト

  1. Kazuo KONAGAI, Muneyoshi NUMADA: PSEUDO-THREE DIMENSIONAL LAGRANGIAN PARTICLE FINITE DIFFERENCE METHOD FOR MODELING LONG-TRAVELING SOIL FLOWS, Journal of Japan Society of Dam Engineers, Vol.12, No.2, PP.123-128, 2002.
  2. 伊藤寛倫,小長井一男,沼田宗純,山口直也,寒川旭:古墳に残された地震地すべり痕跡の工学的調査,土木学会地震工学論文集,27巻,pp.1-6, 2003.
  3. 佐藤声喜,鈴木悟史,沼田宗純:製品設計領域における3Dナレッジ設計システム,日本機械学會論文集C編, 74(745), pp.2107-2113, 2008.
  4. 佐藤声喜,岡村知暁,沼田宗純:生産技術の論理解析による製品設計,金型設計の同期化システム,日本機械学會論文集C編,74(747), pp.2619-2625, 2008.
  5. 佐藤声喜,沼田宗純,森本太郎:開発設計から金型設計・製造までの3次元設計,日本機械学會論文集C編, 74(748), pp. 2837-2844, 2008.
  6. 沼田宗純・秦康範・大原美保・目黒公郎:広域災害医療情報を共有するためのITトリアージシステム(TRACY)の開発,土木学会論文集F5(土木技術者実践),Vol.67,No. 1,pp.67-77,2011.
  7. 鈴木猛康,秦康範,目黒公郎,沼田宗純,野田五十樹,下羅弘樹:住民,行政,病院の情報システム連携による安否確認の試み,安全問題研究論文集,Vol.5,pp.31-36,2010.11.
  8. 沼田宗純・大原美保・目黒公郎:静岡県立総合病院を中心とした広域的災害医療情報の収集と共有に向けたトリアージ訓練の実施,地域安全学会論文集, No.15,pp. 373-383,2011.11.
  9. Muneyoshi Numada, Shinya Kondo, Masashi Inoue, Kimiro Meguro: Analysis of Description of Local Disaster Management Plan for Smooth and Effective Wide-Area Support System During Large-Scale Disaster, Journal of Disaster Research, Vol.7, No.2, pp.147-159, 2012.
  10. 國分瑛梨子・沼田宗純・目黒公郎:2011年東日本大震災直後において「集中的にテレビ報道された市町村」の基礎的分析,土木学会論文集A1(構造・地震工学), Vol.68, No.4, pp.1015-1022, 2012.
  11. 早乙女愛・沼田宗純・目黒公郎:2011年東日本大震災における緊急支援物資の数量推移に関する研究-仙台市の救援物資を事例として-,土木学会論文集A1(構造・地震工学), Vol.68, No.4, pp.969-975, 2012.
  12. Kimiro MEGURO, Rajendra SOTI, Sathiparan NAVARATNARAJ, Muneyoshi NUMADA: Dynamic Testing of Masonary Houses Retrofitted by Bamboo Band Meshes, Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. A1 (Structural Engineering & Earthquake Engineering (SE/EE)), Vol. 68 (2012) No. 4, pp.760-765.
  13. 大原 美保, 近藤 伸也, 沼田 宗純, 目黒 公郎:東日本大震災後における関連学会の活動状況の俯瞰,土木学会論文集A1(構造・地震工学),Vol. 68, No. 4,pp.995-1005,2012.
  14. 井原 毅・藤生慎・沼田宗純・大原美保・目黒公郎:東北地方太平洋沖地震における三陸地方の高地移転地域の調査報告,土木学会論文集A1(構造・地震工学),Vol. 68,No. 4,pp.1239-1249, 2012.
  15. 藤生 慎, 沼田 宗純, 大原 美保, 目黒 公郎:効率的な建物被害認定のための被害写真管理手法の開発‐東日本大震災後の宮城県仙台市宮城野区での実装に基づく考察‐,土木学会論文集A1(構造・地震工学),Vol. 68,No. 4,pp.1006-1014, 2012.
  16. Muneyoshi NUMADA, Yasunori HADA, Miho OHARA, and Kimiro MEGURO: Development of IT Triage System (TRACY) to Share Regional Disaster Medical Information, Journal of Civil Engineering and Architecture, ISSN 1934-7359, USA, Volume 6, No. 8 (Serial No. 57), pp. 985-996, Aug. 2012.
  17. Muneyoshi NUMADA, Kimiro MEGURO: Concentration of TV news coverage to the specific municipalities – Case study on the 2011 Tohoku Earthquake -, Advanced in Civil Engineering and Building Materials, Taylor & Francis Group, London, ISBN 978-0-415-64342-9, pp.15-19, 2012.
  18. Saleem Muhammad Umair, Muneyoshi NUMADA and Kimiro MEGURO: Numerical Simulation of In Plane Behavior of Fiber Reinforced Polymer and Polypropylene Composite Retrofitted Masonry Wallet Using 3‐D Applied Element Method, Advanced in Civil Engineering and Building Materials, Taylor & Francis Group, London, ISBN 978-0-415-64342-9, pp.817-822, 2012.
  19. 藤生慎,沼田宗純,大原美保,目黒公郎:東日本大震災における建物被害認定調査の実態に関する分析,社会技術論文集, Vol.10, 2013.
  20. 松下 朋子, 沼田 宗純, 目黒 公郎:東日本大震災における応急仮設住宅供給への地域事業者参画の検証~被災者への効果的な住宅供給システムの確立を目指して~,土木学会論文集A1(構造・地震工学),Vol. 69, No. 4,pp.1060-1066,2013.
  21. 沼田宗純, 目黒公郎:ランニングスペクトル解析による災害状況進展過程の可視化システムの開発-福島民報を事例にした基礎的検討- ,土木学会論文集A1(構造・地震工学),Vol. 69,No. 4,pp.852-860,2013.
  22. Saleem M. UMAIR, Muneyoshi NUMADA, Kimiro MEGURO: Optimum Quantity of Fiber Reinforced Polymers for Cost Effective Seismic Retrofitting of Masonry Structures, Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. A1 (Structural Engineering & Earthquake Engineering (SE/EE)), Vol. 69, No. 4, pp.630-641, 2013.
  23. Muneyoshi NUMADA and Kimiro MEGURO: Impact Analysis of the 2011 Fukushima Nuclear Power Plant Accidents by Running Spectrum Analysis on Newspaper, Journal of Geological Resource and Engineering (ISSN 2328-2193), David Publishing Company, pp1-10, 2013.
  24. 沼田宗純, 目黒公郎:効果的な防災投資体制を実現するための防災関連事業費の分析~福島県矢吹町における事例から~,土木学会論文集A1(構造・地震工学), Vol.70, No.4, pp.443-452,2014.
  25. 村上友基・沼田宗純・目黒公郎:2次元拡張個別要素法による石垣構造物の地震動応答解析,土木学会論文集A1(構造・地震工学),Vol.70, No.4,pp. 506-512, 2014.
  26. Adnan Mahmood DAR, Saleem M.UMAIR, Muneyoshi NUMADA and Kimiro MEGURO :Reduction of PP-band Mesh Connectivity for Masonry Structure Retrofitting,土木学会論文集A1(構造・地震工学),Vol.70, No.4, pp.586-595, 2014.
  27. Muneyoshi Numada and Kimiro Meguro: Macro Analysis of Initial Responses from Yabuki Municipal Government After the 2011Tohoku Earthquake, Journal of Disaster Research, Vol.9, No.2, pp.149-160, 2014.
  28. Saleem M. Umair, Muneyoshi Numada, M. N. Amin and Kimiro Meguro: Fiber Reinforced Polymer and Polypropylene Composite Retrofitting Technique for Masonry Structures, Journal of Polymers (ISI indexed impact factor = 3.681), Volume 7, issue 5, pp. 963-984, 2015.
  29. Saleem M. Umair, Muneyoshi Numada, M. N. Amin and Kimiro Meguro: Seismic Response of PP-band and FRP Retrofitted House Models under Shake Table Testing, Journal of Construction and Building Material, UK (ISI indexed impact factor = 2.296), Volume 111, Issue 15, pp. 298-316, 2016.
  30. Saleem M. Umair, Muneyoshi Numada, M. N. Amin and Kimiro Meguro: Shake Table Tests on FRP retrofitted masonry building models, ASCE journal of Composites for Construction, USA (ISI indexed impact factor = 2.483), Volume 20, Issue 5, 2016.
  31. Satoshi Takatsu, Muneyoshi Numada, Kimiro Meguro: Knowledge based IT evacuation facility management system “COCOA”, Proceedings of the 16th World Conference on Earthquake Engineering, No. 1558, 12 pages, 2016.
  32. Muneyoshi Numada, Satoshi Takatsu, Yasuhide Yamauchi, Kimiro Meguro and Tetsuo Ito: Verification of Information Sharing System on Shelter, COCOA, at Comprehensive Disaster Drill in Ishinomaki City, Journal of Disaster Research, Vol.12, No.1, pp. 90-105, 2017.
  33. Muneyoshi Numada, Kimiro Meguro: Development of the knowledge-based disaster management system “BOSS” for Japanese standard system, Proceedings of the 16th World Conference on Earthquake Engineering, No. 1602, 9 pages, 2017.
  34. Masashi Inoue, Muneyoshi Numada, Kimiro Meguro: Development of the Comprehensive Disaster Risk Management Matrix for Effective Measure, Proceedings of the 16th World Conference on Earthquake Engineering, No. 2852, 10 pages, 2017.
  35. Shanthanu Rajasekharan, Muneyoshi Numada, Kimiro Meguro: Simplified Numerical Model for Seismic Collapse of RC Frame Structures Collapse Analysis, Proceedings of the 16th World Conference on Earthquake Engineering, 2017.
  36. 沼田 宗純, 井上 雅志, 目黒 公郎: 災害対応業務のフレームワークの構築~2011年東日本大震災・2015年関東・東北豪雨・2016年熊本地震の災害対応業務の分析結果を踏まえて~,土木学会論文集A1(構造・地震工学),73 巻,4 号,pp. 258-269, 2017.
  37. May Myat Mon, Tun Naing, Muneyoshi Numada, Khin Than Yu, Kimiro Meguro, and Kyaw Zin Latt: Analysis of Disaster Response During Landslide Disaster in Hakha, Chin State of Myanmar, Journal of Disaster Research, Vol.13, No.1, pp. 99-115, 2018.
  38. Rena Kikuchi, Muneyoshi Numada, May Myat Mon, Tun Naing, Khin Than Yu, and Kimiro Meguro: A Comparison of Disaster Management Plans for Both Japan and Myanmar, Journal of Disaster Research, Vol.13, No.1, pp. 62-69, 2018.

審査付き国際会議論文リスト

  1. M. Numada and K. Konagai: Landslide movement and deformation for different length and width of landslide mass, Proc. of the 8th International Symposium on New Technologies for Urban Safety of Mega Cities in Asia, CD-ROM (8pages), 2009.
  2. Muneyoshi Numada and Kazuo Konagai, The study of relationship between landslide geometry and run-out distance of landslide mass, Proc. of the 7th International Conference on Urban Earthquake Engineering & 5th International Conference on Earthquake Engineering, 3-5 March 2010, Tokyo, Japan. CD-ROM(5pages).
  3. M. Numada, K. Ohta, A. Kobayashi, T. Komatsu and K. Meguro: Development of simple system for measuring vibration by iPhone and iPad and it’s evaluation by shaking table, Proc. of the 8th International Symposium on New Technologies for Urban Safety of Mega Cities in Asia, CD-ROM, 9pages, 2010.
  4. Muneyoshi NUMADA, Yasunori HADA, Miho OHARA, and Kimiro MEGURO: Development of it triage system (TRACY) to share regional disaster medical information, 8th International Conference on Urban Earthquake Engineering, March 7th and 8th, 2011.
  5. Kimiro MEGURO, Shunichi KOSHIMURA, Muneyoshi NUMADA: Simple and Inexpensive Tsunami Disaster Mitigation System for Indian Ocean Rim Regions by Combining Multi-purpose Ocean Observation Buoys and Properly Arranged Evacuation Centers using Religious Facilities, Proc. of the 10th International Symposium on New Technologies for Urban Safety of Mega Cities in Asia, Thailand, October 13th, 2011. USB (8pages).
  6. Muneyoshi NUMADA, Yasunori HADA, Miho OHARA, and Kimiro MEGURO: Development and Application of triage system (TRACY), Proc. of the 10th International Symposium on New Technologies for Urban Safety of Mega Cities in Asia, Chiang Mai, Thailand, October 13th, 2011. USB (12pages).
  7. Rajendra Soti, Sathiparan Navaratnaraj, Muneyoshi Numada and Kimiro MEGURO: Dynamic Testing of Masonry House Models Retrofitted by Bamboo Band Meshes, Japan Society of Civil Engineers (JSCE), Proceedings of the Thirteenth International Summer Symposium, pp.75-78, 26 August, 2011, Uji, Kyoto, Japan.
  8. Muneyoshi NUMADA, Yasunori HADA, Miho OHARA, and Kimiro MEGURO: Application of Triage System (Tracy) to the Drill of the Yamanashi University Hospital, Japan Society of Civil Engineers (JSCE), Proceedings of the Thirteenth International Summer Symposium, pp.301-304, 26 August, 2011, Uji, Kyoto, Japan.
  9. Kimiro MEGURO, Rajendra SOTI, Sathiparan Navaratnaraj, Muneyoshi NUMADA: Innovative retrofitting method for masonry structures by bamboo-band, 9th CUEE and 4th ACEE Joint Conference, 5pages, March 6-8, 2012.
  10. Muneyoshi NUMADA, Yasunori HADA, Miho OHARA, Kimiro MEGURO: Proposal of triage system “TRACY” for sharing disaster medical information during large-scale disasters, Institute of Social Safety Science, Japan, The Great East Japan Earthquake Workshop Series 2012 in Iwaki, The 1st Asian Conference on Urban Disaster Reduction, Paper No.2-1, 2012.8.3.
  11. Tomoko MATSUSHITA, Muneyoshi NUMADA, Kimiro MEGURO: Positive Efforts in Providing Post-Disaster Housing after the 2011 Great East Japan (Tohoku) Earthquake and Remaining Issues for Future Disasters, Institute of Social Safety Science, Japan, The Great East Japan Earthquake Workshop Series 2012 in Iwaki, The 1st Asian Conference on Urban Disaster Reduction, Paper No.3-2, 2012.8.3.
  12. Muneyoshi NUMADA, Kimiro MEGURO: Analysis of the concentration of TV news coverage to the specific municipalities on the 2011 off the Pacific coast of Tohoku Earthquake, 15th World Conference on Earthquake Engineering (15th WCEE), Paper No. 2166, e-poster, 2012.
  13. Muneyoshi NUMADA, Kazuo KONAGAI: Numerical study of relationship between landslide geometry and run-out distance of landslide mass, 15th World Conference on Earthquake Engineering (15th WCEE), Paper No. 2172, e-poster, 2012.
  14. Muneyoshi NUMADA, Yasunori HADA, Miho OHARA, Kimiro MEGURO: Development and Application of IT Triage System (TRACY) for Sharing Disaster Medical Information During Large-Scale Disasters, 15th World Conference on Earthquake Engineering (15th WCEE), Paper No. 1048, Oral, 2012.
  15. Saleem Muhammad Umair, Muneyoshi Numada, Kimiro Meguro: In plane behavior of polypropylene and FRP composite retrofitted brick masonry wallets under diagonal compression test, 15th World Conference on Earthquake Engineering (15th WCEE), Paper No. 500, e. poster, 2012.
  16. Kimiro MEGURO, Shunichi KOSHIMURA, Muneyoshi NUMADA: New Tsunami Disaster Mitigation System considering Local Conditions of Indian Ocean Rim Regions, 15th World Conference on Earthquake Engineering (15th WCEE), Paper No. 3986, poster, 2012.
  17. Kimiro Meguro, Sathiparan Navaratnaraj, Kotaro Sakurai, Muneyoshi Numada: Shaking Table Tests on 1/4 Scaled Shapeless Stone Masonry Houses with and without Retrofit by Polypropylene Band Meshes, 15th World Conference on Earthquake Engineering (15th WCEE), Paper No. 2193, e. poster, 2012.
  18. Kimiro MEGURO, Naoki SORIMACHI, Muneyoshi NUMADA: Development of Promotion Systems for PP-Band Retrofitting of Non-Engineered Masonry Houses, 15th World Conference on Earthquake Engineering (15th WCEE), Paper No. 2188, e. poster, 2012.
  19. Kimiro Meguro, Sathiparan Navaratnaraj, Kotaro Sakurai, Muneyoshi Numada: Dynamic Behavior of Masonry Houses Retrofitted by Bamboo Band Meshes, 15th World Conference on Earthquake Engineering (15th WCEE), Paper No. 2182, Oral, 2012.
  20. Kimiro Meguro, Sathiparan Navaratnaraj, Kotaro Sakurai, Muneyoshi Numada: Shaking Table Test of Two-Story Masonry House Model Retrofitted by PP-band Mesh, 15th World Conference on Earthquake Engineering (15th WCEE), Paper No. 2179, e. poster, 2012.
  21. Muneyoshi NUMADA, Kimiro MEGURO: Running spectrum analysis of text data for the era of spreading huge disaster information, Proceedings of the First International Symposium on Earthquake Engineering, Japan Association for Earthquake Engineering, pp.159-168, 2012.11.
  22. Tomoko MATSUSHITA, Muneyoshi NUMADA and Kimiro MEGURO: Study on post-disaster housing: analysis of local builder’s participation, Proceedings of the First International Symposium on Earthquake Engineering, Japan Association for Earthquake Engineering, pp. 291-294 2012.11.
  23. Saleem M. UMAIR, Muneyoshi NUMADA and Kimiro MEGURO: Modification of 3D-applied element method for numerical simulation of out of plane behavior of polypropylene and fiber reinforced polymer composite retrofitted masonry wall systems, Proceedings of the First International Symposium on Earthquake Engineering, Japan Association for Earthquake Engineering, pp.507-516, 2012.11.
  24. Muneyoshi NUMADA and Kimiro MEGURO: News Coverage Concentration on Specific Municipalities: Analysis of TV Report Contents at 2011 Tohoku Earthquake Proceedings of the 11th International Symposium on New Technologies for Urban Safety of Mega Cities in Asia, 8 pages, Session 5, Paper No. 4, Ulaanbaatar, Mongolia, Oct. 2012.
  25. Saleem Muhammad Umair, Muneyoshi Numada and Kimiro Meguro: Development of Advanced Composite Material for Seismic Safety of Non-Retrofitted Masonry Housing Schemes in Urban and Rural Areas of Developing Countries, Proceedings of the 11th International Symposium on New Technologies for Urban Safety of Mega Cities in Asia, 11 pages, Session 3, Paper No. 1, Ulaanbaatar, Mongolia, Oct. 2012.
  26. Muneyoshi NUMADA and Kimiro MEGURO: Impact analysis of the Great East Japan Earthquake by running spectrum analysis of the newspaper Authors, Paper ID: 20-173, Proceedings of the 10th International Conference on Urban Earthquake Engineering (10th CUEE Conference), pp.203-210, 2013.
  27. Saleem Muhammad Umair, Muneyoshi Numada and Kimiro Meguro: Stress Strain Characteristics of Polypropylene band (PP-band) and Fiber Reinforced Polymer (FRP) Composite Retrofitted Masonry Wall Systems, Proceedings of the 10th International Conference on Urban Earthquake Engineering (10th CUEE Conference), pp.225-230, 2013.
  28. Muneyoshi NUMADA and Kimiro MEGURO: Analysis of Disaster Process by Running Spectrum Approach – Case study of the 2011 Great East Japan Earthquake -, International conference of SE-EEE (50 years Skopje earthquake, 50 years European earthquake engineering), Paper No. 475, 10 pages, May 29, 2013, Skopje, Republic of Macedonia.
  29. Muneyoshi NUMADA, Saleem M. Umair, Masayuki WATANABE, Masato KURODA and Kimiro MEGURO: Field Application of Polypropylene (PP-band) Retrofitting Method for Seismic Retrofitting of Masonry Structures, International conference of SE-EEE (50 years Skopje earthquake, 50 years European earthquake engineering), Paper No. 589, 7 pages, May 29, 2013, Skopje, Republic of Macedonia.
  30. Muneyoshi NUMADA and Kimiro MEGURO: Analysis of initial disaster responses for disaster management stakeholders in emergency and recovery phase for sustainable disaster management system, Proceedings of the 12th International Symposium on New Technologies for Urban Safety of Mega Cities in Asia, 9 pages, Session 5-E2, Paper No. 3, Hanoi, Vietnam, Oct. 10, 2013.
  31. Adnan Mahmood DAR, Saleem M. UMAIR, Muneyoshi NUMADA, Kimiro MEGURO: Optimization of PP-band Mesh Connectivity for Cost and Time Effectiveness in Seismic Retrofitting of Masonry Structures, Proceedings of the 12th International Symposium on New Technologies for Urban Safety of Mega Cities in Asia, 11 pages, Session 7-G1, Paper No. 7, Hanoi, Vietnam, Oct. 10, 2013.
  32. Muneyoshi Numada: Development of the disaster management system for municipalities based on the experience of the 2011 Tohoku disaster in Japan, the 2014 SRA (Society for Risk Analysis) Europe Annual Meeting in Istanbul, 2014.6.16.
  33. Muneyoshi Numada: The Role of mass media during disaster from experiences of the 2011 Great East Japan earthquake, Track 2, 3rd International Conference on Urban Disaster Reduction, September 28-October 1, 2014, Boulder, Colorado. Presented in September 30th. Supported by Social Safety Science., 2014.9.30.
  34. S. Rajaserkharan, M. Numada and K. Meguro: Simplified Collapse Analysis of Structures using the Extended Distinct Element Method and Finite Element Mapping Spring Network, Track 3, 3rd International Conference on Urban Disaster Reduction, September 28-October 1, 2014, Boulder, Colorado. Presented in September 30th. Supported by Social Safety Science., 2014.9.30.
  35. S. Etri, M. Numada and K. Meguro: In-Plane Behavior of Unreinforced Masonry Walls Retrofitted with Natural Fiber Reinforced Cement Mortar, Track 1, 3rd International Conference on Urban Disaster Reduction, September 28-October 1, 2014, Boulder, Colorado. Presented in September 29th. Supported by Social Safety Science., 2014.9.29.
  36. Muneyoshi NUMADA and Kimiro MEGURO: Role of news media from experiences of the 2011 Great East Japan earthquake, Proceedings of International Symposium on New Technologies for Urban Safety of Mega Cities in Asia, Session 7-9, 2014.11.4, USMCA, 2014.11.4.
  37. Muneyoshi NUMADA, Kimiro MEGURO: Process-based disaster management system“BOSS”, Proceedings of International Symposium on New Technologies for Urban Safety of Mega Cities in Asia, SN2-8, 2015, 2015/10/29
  38. Satoshi TAKATSU, Muneyoshi NUMADA: Development of evacuation facility management system “COCOA” for effective evacuation facility operations by sharing information among stakeholders, Proceedings of International Symposium on New Technologies for Urban Safety of Mega Cities in Asia, SN5-9, 2015, 2015.10.30.
  39. Muneyoshi Numada: Process based disaster management system, World Engineering Conference and Convention (WECC 2015), PS 4-3-8, Measuring, control, security technology, robot technology, 28 November – 4 December 2015, Kyoto, Japan, 2015., 2015.12.1.
  40. Muneyoshi NUMADA, Masashi INOUE, and Kimiro MEGURO: DISASTER RESPONSE MODELING BASED ON THE ANALYSIS OF THE PAST DISASTERS FOR MUNICIPALITY, Proceedings of International Symposium on New Technologies for Urban Safety of Mega Cities in Asia, E-62, 2016, 2016.11.8.
  41. M. INOUE, M. NUMADA, and K. MEGURO: DEVELOPMENT OF THE COMPREHENSIVE DISASTER RISK MANAGEMENT MATRIX FOR EFFECTIVE MEASURE PLANNING, Proceedings of International Symposium on New Technologies for Urban Safety of Mega Cities in Asia, E-40, 2016, 2016.11.7.
  42. Md. Shakhawat HOSSAIN, K. Chaitanya and M. Numada: Far-off triage by using parameters from wearable smart watches for earthquake emergency responses, proceedings of 16th International Symposium on New Technology for urban safety of mega cities in Asia, SU1-03-022, 26th, November 2017, Sendai.
  43. TAKANORI KATO, MUNEYOSHI NUMADA, KIMIRO MEGURO: STUDY ON ASSOCIATION BETWEEN DISASTER RESPONSE AND DISASTER INFORMATION, proceedings of 16th International Symposium on New Technology for urban safety of mega cities in Asia, SU3-03-051, 26th, November 2017, Sendai.
  44. C.K. GADAGAMMA, S.R. MENON, Y. ARAI, T. KATAGIRI and M. NUMADA: A STUDY OF GROUND MOTION PREDICTION EQUATIONS USING STRONG MOTION RECORDS AT SPECIFIC SITES IN TOKYO, proceedings of 16th International Symposium on New Technology for urban safety of mega cities in Asia, SU4-08-060, 26th, November 2017, Sendai.
  45. May Myat MON, Tun NAING, Kyaw Zin LATT, Muneyoshi NUMADA, Khin Than YU and Kimiro MEGURO: Study on Recent Landslide Hazard and Management System in Hakha Area, Chin State, Myanmar, proceedings of 16th International Symposium on New Technology for urban safety of mega cities in Asia, SU5-05-052, 26th, November 2017, Sendai.
  46. R. KIKUCHI, M. NUMADA, M.M. MON, T. NAING, K.T. YU and K. MEGURO: CONTENT ANALYSIS ON TOWNSHIP DISASTER MANAGEMENT PLAN IN MYANMAR, proceedings of 16th International Symposium on New Technology for urban safety of mega cities in Asia, SU5-06-054, 26th, November 2017, Sendai.
  47. Hnin Wai PHYO, Su THINZAR, Tun NAING, Kyaw Zin LATT, San OO and Muneyoshi NUMADA: Analysis of Microtremors in Selected Townships of Yangon CBD Area for Future Seismic Micro zonation, proceedings of 16th International Symposium on New Technology for urban safety of mega cities in Asia, SU5-07-053, 26th, November 2017, Sendai.
  48. Chaitanya G.K, Shanthanu.R.M, Y. Arai, S. Sato, T. Katagiri, M. Numada: A Study of Ground Motion Prediction Equations using Strong Ground Motion Records at Specific Sites in Tokyo, 17th symposium on new technology for Urban Safety for Mega Cities in Asia, USMCA 2018, 2018.
  49. Hossain M. S, Chaitanya G.K, M. Numada, N. Morimura and Meguro K: A simplified numerical model to evaluate post-earthquake initial situation assessment tools and techniques, 17th symposium on new technology for Urban Safety for Mega Cities in Asia, USMCA 2018, 2018.
  50. Hossain M. S, Chaitanya G.K, M. Numada, N. Morimura and Meguro K: Earthquake Emergency Micro Response System in International Workshop on Disaster Mitigation and Management, International Workshop on Disaster Mitigation and Management, IWDMM 2018, 2018.
  51. Chaitanya G.K, Shanthanu.R.M, Y. Arai, S. Sato, T. Katagiri, M. Numada: Development of A Site Specific, Spectrum Compatible Design Accelerogram using Strong Motion Records, 11th National Conference on Earthquake Engineering, Los Angeles, California, 2018.
  52. Hossain M. S, Chaitanya G.K, M. Numada: Application of Standalone Smart Watches in Earthquake Emergency Responses, 11 th National Conference on Earthquake Engineering, 11th National Conference on Earthquake Engineering, Los Angeles, California, 2018.
  53. Muneyoshi Numada and Kimiro Meguro: Development of disaster process management system, 17th INTERNATIONAL SYMPOSIUM On NEW TECHNOLOGIES FOR URBAN SAFETY OF MEGA CITIES IN ASIA, 2018.
  54. Takanori Kato, Mueyoshi Numada, Kimiro Meguro: Landslide disaster risk for the future population decrease in Japan, 17th INTERNATIONAL SYMPOSIUM On NEW TECHNOLOGIES FOR URBAN SAFETY OF MEGA CITIES IN ASIA, 2018.

国内学会講演論文集等

  1. 沼田宗純,目黒公郎:拡張個別要素法による河床地盤の運動を考慮した土石流シミュレーション,土木学会年次学術講演会講演概要集第3部,Vol.56,pp.684-685,2001年
  2. 沼田宗純,小長井一男:Lagrangian Particle Finite Difference Methodによる斜面崩壊シミュレーション,土木学会年次学術講演会講演概要集第3部,Vol.57,pp.827-828,2002年
  3. 沼田宗純,小長井一男:斜面崩壊における土砂の到達距離推定のための数値モデルの提案,土木学会年次学術講演会講演概要集第2部,Vol.58,pp.319-320,2003年
  4. 福永勇介,小長井一男,Johansson Jorgen,沼田宗純:実例及びシミュレーションを基にした地滑りを支配する主要パラメータの抽出 ,土木学会年次学術講演会講演概要集,Vol.62,pp.3-10,2007年
  5. 沼田宗純,小長井一男:斜面災害軽減に向けた崩壊土塊の変形と運動を支配する要因の研究,第13回日本地震工学シンポジウム,13pages, 2010.
  6. 沼田宗純,大原美保,目黒公郎,秦康範:ITトリアージシステムを用いた山梨大学医学部付属病院におけるトリアージ訓練の報告, 第29回日本自然災害学会学術講演会概要集,pp.197-198,2010.
  7. 沼田宗純,目黒公郎,太田賢治,小林明夫,小松高廣:スマートフォンを利用した簡易地震動観測に向けたアプリケーションの開発,第29回日本自然災害学会学術講演会概要集,pp.17-18,2010.
  8. 井原毅・沼田宗純・目黒公郎:列車被災時における乗客の挙動と危険度評価に関する研究,第65回土木学会年次学術講演会講演概要集第4部,No.179,2pages,2010.
  9. 齋藤勝久・沼田宗純・目黒公郎:安全・安心メールの自動分類と警察統計との比較による対策利用価値の考察,第65回土木学会年次学術講演会講演概要集第4部,pp.65-66,2010.
  10. 沼田宗純・目黒公郎:地域防犯活動をトータルで支援するための防犯特性分析システムの開発,第65回土木学会年次学術講演会講演概要集第4部,pp.61-62,2010.
  11. 高石孟・目黒公郎・沼田宗純・高島正典:多目的海洋観測ブイを用いた津波警報システムのための音響測深の検証,第65回土木学会年次学術講演会講演概要集第2部,No.69,2pages,2010.
  12. 花谷仁志・沼田宗純・目黒公郎・越村俊一:海中音波を用いた津波観測の津波警報システムへの応用に関する研究,第65回土木学会年次学術講演会講演概要集第2部,No.68,2pages,2010.
  13. 沼田宗純,大原美保,目黒公郎,秦 康範:ITトリアージシステムを用いた山梨大学医学部付属病院におけるトリアージ訓練の報告,日本自然災害学会学術講演会,pp.197-198,2010.
  14. 沼田 宗純,目黒 公郎,太田 賢治,小林 明夫,小松 高廣:スマートフォンを利用した簡易地震動観測に向けたアプリケーションの開発,日本自然災害学会学術講演会,pp.17-18,2010.
  15. 近藤伸也・沼田宗純・秦 康範・野田五十樹・末冨岩雄・井上雅志・目黒公郎:地方自治体の物資搬送業務の計画と対応の実態 pp.244-255,第8回 日本地震工学会 大会,pp. 256-257,東京・国立オリンピック記念青少年総合センター,2011年11月10日発表.
  16. 沼田宗純・國分瑛梨子・坂口理紗・目黒公郎:2011年東日本大震災直後のテレビ報道と被害の関係,第8回 日本地震工学会 大会,pp. 256-257,東京・国立オリンピック記念青少年総合センター,2011年11月12日発表
  17. 目黒公郎,櫻井光太郎,Navaratnarajha Sathiparan,沼田宗純:PP-band工法による不整形石積み組積造の耐震化に関する実験的研究,平成23年度土木学会年次学術講演会,CD-ROM,1-444,2011年9月9日発表,愛媛県松山市
  18. 沼田宗純,目黒公郎:「被災現場,応急救護所,病院,ヘリポート」におけるトリアージ情報の広域的共有,平成23年度土木学会年次学術講演会,CD-ROM,1-408,2011年9月7日発表,愛媛県松山市
  19. 沼田宗純・大原美保・目黒公郎:広域的災害医療情報の収集と共有のためのトリアージシステム(TRACY)の開発と静岡県立総合病院における実践的訓練の実施,第30回日本自然災害学会学術講演会講演概要集,pp.113-114,2011.
  20. 沼田宗純・國分瑛梨子・坂口理紗・目黒公郎:2011年東日本大震災直後のテレビ報道の基礎的分析-「効果的な災害対応に貢献する報道モデル」の構築に向けて-,日本災害情報学会,第13回研究発表大会予稿集,B-4-2,pp.219-224,2011年10月30日発表,名古屋大学
  21. 石川哲也・沼田宗純・川崎昭如・目黒公郎:山陰地方豪雪災害時のTwitterユーザによる情報発信行動の分析,土木学会 第31回地震工学研究発表会,発表番号4-186,2011年11月18日発表
  22. 國分瑛梨子・坂口理紗・沼田宗純・目黒公郎:2011年東日本大震災におけるテレビ局の報道内容の比較-「効果的な災害対応に貢献する報道モデル」の構築のために-,土木学会 第31回地震工学研究発表会,発表番号4-185,2011年11月18日発表
  23. 大原美保・近藤伸也・沼田宗純・目黒公郎:東日本大震災後における関連学会の活動状況の俯瞰,土木学会 第31回地震工学研究発表会,発表番号4-060,2011年11月18日発表
  24. 沼田宗純・國分瑛梨子・目黒公郎:東日本大震災におけるNHK総合で取り上げられたキーワードの時系列分析,土木学会 第31回地震工学研究発表会,発表番号4-198,2011年11月18日発表
  25. 居山拓矢・沼田宗純・大原美保・目黒公郎:2011年東北地方太平洋沖地震による東大生研での地震観測記録と緊急地震速報の活用状況,土木学会 第31回地震工学研究発表会,発表番号1-179,2011年11月17日発表
  26. 井原毅・藤生慎・沼田宗純・大原美保・目黒公郎:東北地方太平洋沖地震における三陸地方の高地移転地域の調査報告,土木学会 第31回地震工学研究発表会,発表番号6-160,2011年11月17日発表
  27. 藤生 慎・沼田宗純・大原美保・目黒公郎:効率的な建物被害認定のための 被害写真管理手法の開発 ‐東日本大震災後の宮城県仙台市宮城野区での実装に基づく考察‐,土木学会 第31回地震工学研究発表会,発表番号4-119,2011年11月18日発表
  28. Kimiro MEGURO, Rajendra SOTI, Sathiparan NAVARATNARAJ, Muneyoshi NUMADA: DYNAMIC TESTING OF MASONARY HOUSES RETROFITTED BY BAMBOO BAND MESHES, 土木学会 第31回地震工学研究発表会, No.3-187, 2011年11月19日発表
  29. 櫻井俊彰・沼田宗純・目黒公郎:PP-band工法による組積壁の耐震補強効果に関する応用要素解析,土木学会 第31回地震工学研究発表会,発表番号3-159,11月19日発表
  30. 早乙女愛・沼田宗純・目黒公郎:2011年東日本大震災における緊急支援物資の数量推移に関する研究-仙台市の救援物資を事例として-,土木学会 第31回地震工学研究発表会,発表番号4-188,2011年11月18日発表
  31. 目黒公郎・沼田宗純・高野佑:応急仮設住宅供給業務へのプロジェクトマネジメント手法適用の検討,CS10-007,平成24年度土木学会年次学術講演会,名古屋大学,2012年9月5日発表
  32. 沼田宗純・目黒公郎:2011年東日本大震災のテレビ報道を用いた「計画停電・電力不足・節電」に関する課題の時系列分析,Ⅳ-006,平成24年度土木学会年次学術講演会,名古屋大学,2012年9月5日発表
  33. 野田哲司・沼田宗純・目黒公郎:東日本大震災における被災地支援分析に基づく協定締結支援システムの開発,Ⅳ-010,平成24年度土木学会年次学術講演会,名古屋大学,2012年9月5日発表
  34. 沼田宗純・目黒公郎:2011年東日本大震災直後にWEBニュースが集中的に取り上げた市町村の基礎的分析,地域安全学会梗概集,No.30,pp.69-72,2012.
  35. 沼田宗純・目黒・公郎:東日本大震災後のゴールデンタイムのテレビ報道の分析,自然災害学会,第31回自然災害学会学術講演会,講演概要集,p.83-84, 2012年9月18日発表,弘前大学
  36. Saleem Muhammad Umair, Muneyoshi Numada and Kimiro Meguro: Seismic Retrofitting of Unreinforced Masonry Structures using High Performance and Low Cost Composite Material, 自然災害学会,第31回自然災害学会学術講演会,講演概要集,p.167-168, 2012年9月18日発表,弘前大学
  37. 沼田宗純・目黒公郎:災害報道の時系列的変化を把握するためのランニングスペクトル解析手法の開発,日本災害情報学会 第14回研究発表大会(Proceedings of the 14th Conference<Japan Society for Disaster Information Studies),pp.130-133,2012.10.27発表,東京大学
  38. 沼田宗純・原綾香・目黒 公郎:被害想定と防災基本計画を全体フレームワークに用いた東日本大震災のマクロ的把握~NHK総合を事例として~,日本災害情報学会 第14回研究発表大会(Proceedings of the 14th Conference<Japan Society for Disaster Information Studies),pp.126-129,2012.10.27発表,東京大学
  39. 野田哲司・藤生慎・沼田宗純・目黒公郎:東日本大震災における自治体間の人的支援の実態分析,第32回土木学会地震工学研究発表会,6-235,東京大学,2012. 2012年10月26日発表
  40. 東郷夏菜子・沼田宗純・目黒公郎:災害イマジネーション向上のためのワークショップの実践とイマジネーション支援システムの試作,第32回土木学会地震工学研究発表会,4-316,東京大学,2012年10月27日発表
  41. 松下朋子・沼田宗純・目黒公郎:被災者への住宅供給システムについての考察 ~東日本大震災の事例より~,第32回土木学会地震工学研究発表会,4-237,東京大学, 2012年10月27日発表
  42. 陳勲・沼田宗純・目黒公郎:東日本大震災における電力復旧優先順位に向けた検討,第32回土木学会地震工学研究発表会,4-323,東京大学,2012. 2012年10月27日発表
  43. 沼田宗純・目黒公郎:災害対策フェーズを用いた災害対策状況の可視化手法の提案 ~災害報道を利用したモニタリングを事例として~,第32回土木学会地震工学研究発表会,4-325,東京大学,2012年10月27日発表
  44. Saleem Muhammad Umair, Muneyoshi Numada and Kimiro Meguro: Experimental Study to Determine the Optimum Quantity and Placement of Fiber Reinforced Polymers using Diagonal Compression Test on Scaled Masonry Wallets for Cost Effective Seismic Retrofitting, 32nd Earthquake engineering committee, JSCE, 3-295, University of Tokyo, 2012.10.25
  45. 沼田宗純・目黒公郎:福島県矢吹町の地域防災計画の見直しに向けた課題の整理,第32 回(2013 年度)地域安全学会研究発表会(春季)便概集,No.32, pp.63-66,2013.発表番号B-6 ,2013年5月17日発表,秋田県男鹿市
  46. 沼田宗純・松下朋子・目黒公郎:東日本大震災における福島県矢吹町の災害対応の分析~地域防災計画の見直しに向けた課題の整理~,第47回土木計画学研究発表会(春大会),土木計画学研究・講演集,Vol.47,7a-333,6pages,2013年6月2日発表,広島工業大学
  47. 松下朋子・沼田宗純・目黒公郎:東日本大震災の被災地の住民移転および跡地利用に関する調査から見えてきた今後の課題,第47回土木計画学研究発表会(春大会),土木計画学研究・講演集,Vol.47,7a-337,4pages,2013年6月2日発表,広島工業大学
  48. 藤生慎・高田和幸・沼田宗純・大原美保・目黒公郎:東北地方太平洋沖地震時の帰宅困難者の移動特性に関する一考察 -GPSデータを用いた検討-,第47回土木計画学研究発表会(春大会),土木計画学研究・講演集Vol.47,7b-340,2013年6月2日発表,広島工業大学
  49. 沼田宗純・目黒公郎:2011年東日本大震災におけるテレビ報道と義援金の関係,平成25年度土木学会年次学術講演会講演概要集,CD-ROM,Ⅳ-095,2013年9月4日発表
  50. 村上友基・沼田宗純・目黒公郎:2次元拡張個別要素法を用いた石垣構造に対する耐震補強策の検討,平成25年度土木学会年次学術講演会講演概要集,CD-ROM,Ⅰ-182,2013年9月6日発表
  51. 沼田宗純・目黒公郎:地域防災計画の見直しに向けた東日本大震災における福島県矢吹町における課題の整理,日本地震工学会第10回年次大会 梗概集,pp.409-410,2013年11月11日発表
  52. Saleem Muhammad Umair, Muneyoshi Numada and Kimiro Meguro: Evaluation of Fiber Reinforced Polymer Retrofitted House Model under Shake Table Testing, 3-526, 土木学会第33回地震工学研究発表会, 5pages, 2013年10月24日,東京大学
  53. Adnan Mahmood DAR, Saleem M. UMAIR, Muneyoshi NUMADA and Kimiro MEGURO: Reduction of PP-band Mesh Connectivity for Masonry Structure Retrofitting, 3-525, 土木学会第33回地震工学研究発表会, 6pages, 2013年10月24日,東京大学
  54. 村上友基・沼田宗純・目黒公郎:2次元拡張個別要素法による石垣構造物の地震動応答解析,1-486, 土木学会第33回地震工学研究発表会, 5pages, 2013年10月25日,東京大学
  55. 佐々木奈央・沼田宗純・目黒公郎:要援護者支援に着目した地域の防災能力の評価手法に関する研究,4-543, 土木学会第33回地震工学研究発表会, 4pages, 2013年10月25日,東京大学
  56. 沼田宗純・目黒公郎:効果的な防災投資体制を目指した福島県矢吹町における防災関連事業費の分析,4-534,土木学会第33回地震工学研究発表会, 9pages, 2013年10月24日,東京大学
  57. 沼田宗純・井上雅志・目黒公郎:2011年東日本大震災・2015年関東・東北豪雨・2016年熊本地震の災害対応の分析に基づく災害対応業務のモデル化、第36回土木学会地震工学研究発表会、A12-964、2016年、2016/10/17、金沢、金沢歌劇場
  58. 井上雅志, 大西修平, 高津諭, 沼田宗純, 目黒公郎:2016年熊本地震における西原村の災害対応と教訓、2016年度日本地震工学会大会、O1-7、2016/9/27、高知工科大学
  59. 沼田宗純, 目黒公郎, 井上雅志:2011年東日本大震災と2016年熊本地震における行政の初動対応の基礎的分析、2016 年度日本地震工学会大会、P2-22、2016/9/26、高知工科大学
  60. 2016年熊本地震におけるプッシュ型物資支援の考察とコンテナを用いた緊急支援物資の提案、土木学会 第7回 インフラ・ライフライン減災対策シンポジウム、セッション2、熊本大学、2016年12月5日
  61. 高津諭, 沼田宗純:効率的な避難所運営を実現するためのIT避難所運営支援システム“COCOA”の開発、第35回土木学会地震工学研究発表会、C11-872、2015年10月6日、東京大学
  62. 沼田宗純,目黒公郎:被害程度に応じた災害対応業務量および 対応期間の評価モデルの構築、第35回土木学会地震工学研究発表会、C13-846、2015年10月6日、東京大学
  63. Shanthanu Rajasekharan,沼田宗純,目黒公郎:Seismic Behavior of Moment Resisting Frame (MRF) Buildings、第35回土木学会地震工学研究発表会、B14-860、2015年10月6日、東京大学
  64. 田中健一・沼田宗純: 2017年九州北部豪雨災害で明らかとなった被災自治体の災害対策本部の現状と課題(朝倉市を事例として)、日本災害情報学会 第 19 回学会大会、C6-2、2017年11月22日、京都大学.
  65. Hossain M. S, Chaitanya G.K, M. Numada: A Smart Watch based System for Identifying Post Earthquake Trapped Victims, JSCE Summer Meeting, 2018.
  66. 加藤 孝典 ・ 沼田 宗純 ・ 目黒 公郎: BEHAVIOR ANALYSIS BEFORE THE DEATH OF THE VICTIM AT DISASTERS, 平成30年度土木学会全国大会 第73回年次学術講演会, 2018.

調査報告等

  1. Koichi Kusunoki, Akira Tasai, Yo Hibino, Hidekazu Watanabe, Muneyoshi Numada, Mucip Tapan, Alper Ilki: Quick Report of 2011 Van Earthquake, Proceedings of the International Symposium on Engineering Lessons Learned from the 2011 Great East Japan Earthquake, pp.1950-1961, 2012.3
  2. Koichi Kusunoki, Yo Hibino, Hidekazu Watanabe, Akira Tasai, Muneyoshi Numada, Mucip Tapan, Alper Ilki: Outline of field investigation for 2011 Van Earthquakes, 2013 International Van Earthquake Symposium, 2013.
  3. Yo Hibino, Hidekazu Watanabe, Koichi Kusunoki, Akira Tasai, Muneyoshi Numada, Mucip Tapan, Alper Ilki: Seismic performance of damaged RC buildings in 2011 Van Earthquakes, 2013 International Van Earthquake Symposium, 2013.
    その他、生産研究など
  4. 沼田宗純, 小長井一男 :地震による斜面崩壊到達距離推定のための擬似三次元ラグランジアン粒子有限差分法,生産研究, Vol. 54,pp.368-371,2002.
  5. 阿部慶太, 沼田宗純, 小長井一男:高速土砂流動の数値解析の一手法と課題,生産研究, Vol. 56,pp.487-491, 2004.
  6. 沼田宗純,野村浩司,大原美保,目黒公郎,鷹野澄:2009年8月11日の駿河湾を震源とする地震による生研の観測記録,生産研究,Vol. 61,pp.1042-1046,2009.
  7. M. Numada and K. Konagai: Proposal of evaluation approach of slide surface friction coefficient of landslide that uses buckling theory, SEISANKENKYU, Vol. 61, pp.1021-1024, 2009.
  8. Muneyoshi NUMADA and Kazuo KONAGAI: The research on the movement and deformation of landslide mass, SEISANKENKYU, Vol. 61, pp.1017-1020, 2009.
  9. 井原毅,沼田宗純,目黒公郎:列車衝突時における乗客の挙動と危険度評価に関する研究,生産研究,Vol.62, No.4 , pp.367-370, 2010.
  10. 高石孟,沼田宗純,目黒公郎:平塚沖で観測された2010年チリ地震による津波について,生産研究,Vol.62, No.4 , pp.363-366, 2010.
  11. 高石孟,沼田宗純,高島正典,目黒公郎:多目的海洋観測ブイを用いた津波警報システムのための音響測深の検証,生産研究,Vol.62, No.4, pp.359-362, 2010.
  12. 齋藤勝久,沼田宗純,目黒公郎:安全・安心メールの自動分類と警察統計との比較による対策利用価値の考察,生産研究,Vol.62, No.4, pp. 393-397, 2010.
  13. 沼田宗純,廣田るり子,齋藤勝久,目黒公郎:子供の防犯のための地域活動を支援する防犯特性分析システムの開発,生産研究,Vol.62, No.4 , pp.387-391, 2010.
  14. 沼田宗純,秦康範,大原美保,目黒公郎:Felicaを用いたトリアージシステムの開発と山梨大学医学部附属病院における検証,生産研究,Vol.62, No.6, pp.643-652, 2010.
  15. 沼田宗純,太田賢治,小林明夫,小松高廣,目黒公郎:小型振動台によるSmart Phone 内蔵加速度センサの評価試験,生産研究,Vol.62, No.6, pp.637-642, 2010.
  16. 沼田 宗純, 大原 美保, 目黒 公郎:静岡県立総合病院におけるトリアージ訓練から得られたトリアージシステム「TRACY」の成果と課題,生産研究, Vol. 63, No.4, pp.481-484, 2011.
  17. 沼田 宗純, 大原 美保, 目黒 公郎:「TRACY」を用いた被災現場, 応急救護所, 病院, ヘリポートにおけるトリアージ情報の広域的共有の取組み,生産研究, Vol. 63, No.4, pp.471-479, 2011.
  18. 小林 明夫, 沼田 宗純, 目黒 公郎:平時から災害時まで利用可能な高齢者の生活習慣の遠隔見守り支援システムの研究,生産研究, Vol. 63, No.4, pp.465-470, 2011.
  19. 沼田宗純・高石孟・目黒公郎:多目的観測ブイで観測された2011年東北地方太平洋沖地震による津波,生産研究, Vol. 63,No.4,pp.521-524,2011.
  20. 沼田宗純・國分瑛梨子・坂口理紗・目黒公郎:「効果的な災害対応に貢献する報道モデル」の構築に向けた2011年東日本大震災直後のWEBニュースの基礎的分析,生産研究,Vol.63,No.4,pp.555-561,2011.
  21. 居山拓矢・沼田宗純・大原美保・目黒公郎:2011年東北地方太平洋沖地震による生研の観測記録,生産研究, Vol. 63, No.4, pp.511-515,2011.
  22. 沼田宗純・國分瑛梨子・坂口理紗・目黒公郎:「効果的な災害対応に貢献する報道モデル」の構築に向けた2011年東日本大震災直後のテレビ報道の基礎的分析,生産研究,Vol.63,No.4,pp.547-554,2011.
  23. 沼田宗純・藤生慎・井原毅・大原美保・目黒公郎:2011年東北地方太平洋沖地震における津波被災地域の調査速報,生産研究,Vol. 63,No. 4,pp.525-533,2011.
  24. 藤生慎・沼田宗純・大原美保・目黒公郎:地震被害による建物被害認定の作業効率化手法に関する提案と実践,生産研究, Vol. 63,No.4,pp.541-546,2011.
  25. 藤生慎・下野大樹・牧之段浩平・井原毅・沼田宗純・大原美保・目黒公郎・高田和幸・岩倉成志・兵藤哲朗:2011年東北地方太平洋沖地震における三陸鉄道の被害調査速報,生産研究,Vol. 63,No. 4,pp.535-540,2011.
  26. 沼田宗純・近藤伸也・井上雅志・目黒公郎:広域的応援体制確立のための地域防災計画の比較分析,生産研究,Vol.63, No. 6, pp.755-763, 2011.
  27. 高野 佑, 沼田宗純, 目黒公郎:応急仮設住宅供給業務へのプロジェクトマネジメント手法適用の検討,生産研究,Vol. 64,No. 6, pp.907-910,2012.
  28. 沼田宗純, 目黒公郎:渋谷区立松濤中学校における災害イマジネーション力の向上ワークショップ,生産研究,Vol. 64,No. 6, pp.885-896, 2012.
  29. 沼田宗純, 佐藤唯行, 目黒公郎:防災ビジネスの創造と育成のためのDisaster Profilingに関する研究,生産研究,Vol. 64, No. 6,pp.897-905,pp.885-896,2012.
  30. 沼田宗純, 目黒公郎:テキストデータのランニングスペクトル解析による福島民報の分析,生産研究,Vol. 64,No. 6,pp.927-934,2012.
  31. 藤生 慎, 沼田宗純, 大原美保, 目黒公郎:東日本大震災における自治体の建物被害認定調査の実施状況に関する考察,生産研究,Vol. 64,No. 4,pp.433-437,2012.
  32. 澤田義人, 遠藤貴宏, 沼田宗純, 目黒 公郎, 沢田 治雄:2011年山陰豪雪に関連するTwitterメッセージ解析法の開発,生産研究,Vol. 64, No. 4, pp.467-473, 2012.
  33. 澤田義人, 遠藤貴宏, 沼田宗純, 目黒公郎, 沢田治雄:災害に関連したテキストデータの可視化手法の開発, 生産研究, Vol. 64, No. 4, pp. 475-482, 2012.
  34. 大原美保, 近藤伸也, 沼田宗純, 目黒公郎:東日本大震災後における関連学会の活動に関する分析,生産研究,Vol. 63,No. 6, pp.739-747,2011.
  35. 目黒公郎, 大原美保, 沼田宗純, 近藤伸也:3.11net東京(東日本大震災復興支援研究者ネットワーク)の活動報告 その1,生産研究,Vol. 63,No. 6,pp.735-737,2011.
  36. 沼田宗純・目黒公郎:福島県矢吹町における防災体制の再構築に関する論点分析,生産研究,Vol.65,No.4,pp.401-405,2013.
  37. 沼田宗純・目黒公郎:効果的な防災戦略を立案するための「防災戦略立案システム」の構築に向けた防災関連事業費の分配状況の分析 ~福島県矢吹町を事例として~,生産研究,Vol.65,No.4,pp.407-415,2013.
  38. 沼田宗純・目黒公郎:東日本大震災直後の矢吹町役場の災害対応のマクロ的分析,生産研究,Vol.65,No.4,pp.365-371,2013.
  39. 沼田宗純・目黒公郎:日常生活から災害時の生活再建までを支援する多目的生活再建支援システムITONAMIの構築に向けた基礎的検討,生産研究,Vol.65,No.4,pp.417-423,2013.
  40. 沼田宗純・目黒公郎:広域的災害時の効果的な応援体制の構築に向けた支援側と受援側の課題と教訓~東日本大震災における福島県矢吹町と東京都三鷹市の関係から考察~,生産研究,Vol.65,No.4,pp.425-431,2013.
  41. 沼田宗純・目黒公郎:東日本大震災におけるTwitter・地方新聞・全国新聞・テレビ報道のキーワード分析による基礎的な比較 -気仙沼市を事例として- ,生産研究,Vol.65,No.4,pp.379-385,2013.
  42. 沼田宗純・目黒公郎:東日本大震災後のゴールデンタイムのテレビ報道の分析,生産研究,Vol.65,No.4,pp.373-377,2013.
  43. 沼田宗純・原綾香・目黒公郎:災害報道のunbalanceによる義援金とボランティアへの影響,生産研究,Vol.65,No.4,pp.359-363,2013.
  44. 村上友基・沼田宗純・目黒公郎:2次元拡張個別要素法を用いた石垣構造に対する耐震補強策の検討,生産研究,Vol.65,No.4,pp.447-451,2013.
  45. 沼田宗純・渡辺正幸・黒田正人・目黒公郎:PPバンドメッシュを用いた組積造構造物の耐震補強の実践 ~インドネシアの孤児院におけるPPバンドメッシュ工法の適用~,生産研究,Vol.65,No.4,pp.441-446,2013.
  46. 沼田宗純・東郷夏菜子・目黒公郎:学校の先生による災害イマジネーション力を高める防災授業の検証,生産研究,Vol.65,No.4,pp.433-439,2013.
  47. 山本憲二郎・沼田宗純・目黒公郎:特殊繊維塗料を用いた組積造構造物の耐震補強に関する実験的研究, 生産研究, 66巻, 6号, pp. 561-564, 2014.
  48. 梅原明彦・沼田宗純・目黒公郎:効率的かつ遺族心理にも配慮した巨大災害時の遺体処理業務プロセスの提案, 生産研究, 66巻, 4号, pp. 393-396, 2014.
  49. 沼田宗純・目黒公郎:防災プロセスシステム開発に向けた基礎的検討, 生産研究, 67巻, 2号, pp. 227-231, 2015.
  50. 菊池玲菜・沼田宗純・目黒公郎:将来の被害軽減効果に着目した防災関連国際支援事業の評価に関する基礎研究, 生産研究, 67巻, 4号, pp. 317-320, 2015.
  51. 稲葉 丈・沼田宗純・目黒公郎:被災程度に応じた地方自治体による災害対応の業務量および対応期間の推定に関する基礎的研究, 生産研究, 67巻, 4号, pp. 311-315, 2015.
  52. 佐々木奈央・沼田宗純・目黒公郎: 福祉施設の立地状況が地域の災害時要援護者支援に与える影響の調査, 生産研究, 67巻, 4号, pp. 305-310, 2015.
  53. 沼田宗純・高津 諭・林 恵利子・近藤一夫・大川純世・目黒公郎:東京大学生産技術研究所の防災訓練における避難所情報共有システムCOCOAの利用, 生産研究, 68巻, 4号, pp. 315-320, 2016.
  54. 沼田宗純・高津 諭・山内康英・中井佳絵・目黒公郎・伊藤哲朗・平松進・伊妻伸之・赤津善正・佐藤勝治・二上洋介・大関将広・土井祐司・田中朝子:石巻市総合防災訓練における避難所情報共有システムCOCOAの検証, 生産研究, 68巻, 6号, pp. 471-480, 2016.
  55. C. K. Gadagamma, S. M. Rajasekharan, Y. Arai, S. Sato, T. Katagiri, M. Numada: Observations of Strong Ground Motion in Tokyo Metro Stations at Different, July, 2018 Depths, 生産研究, 70巻、4号, pp. 299-308,2018.
  56. 沼田 宗純, 井上 雅志, 目黒 公郎: 2016年熊本地震におけるプッシュ型物資輸送の考察とプッシュ型物資輸送の発動要件の提案, 生産研究, 70 巻, 4号, pp. 257-265, 2018.
  57. 井上 雅志, 福岡 淳也, 大西 修平, 沼田 宗純, 目黒 公郎: 熊本県内地域防災計画の構成と目次の比較分析, 生産研究, 70 巻, 4 号, pp. 267-272, 2018.
  58. 沼田 宗純, 井上 雅志, 目黒 公郎: プッシュ型物資輸送におけるコンテナ輸送の提案, 生産研究, 70 巻, 4 号, pp. 273-281, 2018.
  59. 井上 雅志, 福岡 淳也, 大西 修平, 沼田 宗純, 目黒 公郎: 地域防災計画に基づく災害対応フロー図の作成と部署間連携の可視化, 生産研究, 70 巻, 4号, pp. 283-288, 2018.
  60. 井上 雅志, 末冨 岩雄, 福岡 淳也, 大西 修平, 沼田 宗純, 目黒 公郎: 熊本地震に基づく災害対応業務量の予測式の構築, 生産研究, 70巻, 4号, pp. 289-297, 2018
  61. 沼田 宗純, 小山 ゆりえ: 効果的な災害医療救護体制の構築に向けた保健医療救護対応のプロセス化と人員配置シミュレーション, 生産研究, 70巻 ,4号, pp. 309-317, 2018.
  62. 伊藤 哲朗, 奥村 徹, 沼田 宗純: テロの教訓に学ぶ事件時の医療, 生産研究, 70 巻, 4号, pp. 319-326, 2018.
  63. 沼田 宗純, 田中 健一, 山内 康英, 伊藤 哲朗, 目黒 公郎: 米国の災害対応トレーニング体制に関する基礎調査, 生産研究, 70 巻, 4号, pp. 327-332, 2018.